ティアラのブログ

バツイチ独身ひと回り年下の彼との不倫。6年目になりました。

カズさんと着物と私

私は、独身時代日舞を嗜んでいたことから、やめた今でも気付けのお稽古だけは続けています。

着物が大好きです。

そして、気付けの先生も大好きな尊敬する女性です😍💕

かなりのご高齢でいらっしゃるのに、好奇心が強く行動的で、思慮深く賢い方です。

どの道にも明るく、知人に頼られると放っておけず、プロの方を紹介して親身に相談に乗っています。(裏の世界にも知人がいてちょっと怖い…💧)


そして、私が凄いなと思うのは、常に謙虚な所。

「(そんな訳ないのに)ティアラさんのお話はいつも面白いわ〜。シワが増えちゃう〜。」とか、

「(専門なので当たり前の知識にも)まぁ!そうなの?教えて下さって有難いわ〜。いくつになってもお勉強ね!」とか、

ましてや若い人に対して説教なんて聞いたことがありませんし、ご自分の顔の広さなんておくびにも出しません。

「長く生きてるだけよ〜。でも最近ね、偉い先生方も年を取って死んじゃうのよ。困っちゃうわね〜。ほほほほ。」って 笑


先生とお知り合いになれて、本当に幸せです。


…目指すどころか高すぎて、足の爪さえ見えませんが😭


因みに日舞のお師匠さんは、極妻の様な方でした🤣




*̩̩̥*̩̩̥ ୨୧ ⑅ ୨୧ *̩̩̥*̩̩̥*̩̩̥*̩̩̥ ୨୧ ⑅ ୨୧ *̩̩̥*̩̩̥*̩̩̥*̩̩̥ ୨୧ ⑅ ୨୧ *̩̩̥*̩̩̥*̩̩̥*̩̩̥ ୨୧ ⑅ ୨୧ *̩̩̥*̩̩̥





着物繋がりで。


冬になると、予告なく着物でカズさんとのデートに参上する私 笑。

突然着たくなっちゃうのです。


カズさんは一瞬ぎょっとしてから嬉しそうな顔をします。この顔が見たいのです 笑。



今年一月初旬の事。

思いつきで着物でデートへ行き、性懲りも無く自宅にまでお邪魔してしまいました。

すぐ帰る筈だったのに、二人になるとついついエスカレートしてしまい…。

帯締め帯揚げをスルスルと解かれてしまい、気付いた時には肌襦袢の状態💧


更に気付いた時には時すでに遅しで、


ティ「着物着られないかも…💧」


カズ「え?自分で着て来たんでしょ?」


ティ「だって、このお部屋、姿見がない…😭」


カズ「…💧」

「じゃあ、お袋に着付けてもらう?」


ティ「え?」


カズ「日舞教えてたから大丈夫だよ?」


…一瞬鳥肌が立ちました😱

でも、よくよく聞くと、私のお師匠さんとは流派が違う事が分かり、ホッ…💧

狭い世界なので、どこでどう繋がっているか分かりません。

不倫でなければお母様と楽しくお話出来たのに…😞


でも流石に着付けて貰う訳にもいかず、カズさんに手鏡で裾と襟と帯を写してもらい、着付けに30分も掛かってしまい大騒ぎでした😂



…実は一年前から先生に

「ティアラさん?そろそろ鏡無しで15分で着られる様に練習なさいな 笑」と言われていたのに

「え〜。よそ様のお宅で着物を着る事なんてないので大丈夫で〜す 笑笑」なんて、流していた私…😅


帰り道、先生のお話は有難く聞いておくものだなと、猛省したのでした。