ティアラのブログ

バツイチ独身ひと回り年下の彼との不倫。6年目になりました。

もうだめだと思いました

前記事の不倫疑惑


あれから数人の方に同じ忠告を頂き、

「無視すれば?」とも言われたのですが…


嫌いならまだしも、むしろ好きなのに無理です。


でも、たっくんが悪く言われるのも可哀想だなと思い、理由を説明し、少し話すのをやめた方が良いのでは?と、提案しようと思いました。


でも反対に「ティアラさん、何か僕との事で言われてない? 僕は気にならないけど」と、私の顔を見るなり切り出しました。


それからというもの…


たっ「ティアラさ〜ん」

ティ「また不倫て言われるから近寄らないでよ〜😤」

たっ「笑笑   何、その上から目線〜!!🤣」


…結局今回の事で、更に仲良くなってしまったのでした💧



゚*✩‧₊˚・:*+.゚*✩‧₊˚・:*+.゚*✩‧₊˚・:*+.゚*✩‧₊˚・:*+.゚*✩‧₊˚・:





…カズさんの胸に倒れ込んでしまい、

まずいと思い、起き上がろうとしたのですが、

優しく右手を背中に回された時、



ああ、もうだめだ



と、思いました。



そして、私だけが悪いんじゃない。

この状況で、理性が勝る人なんているのだろうか?


と、非常に勝手な言い訳を頭の中でしていました。




ティ「…甘えても良いですか?」


カズ「良いですよ」


(まだこの頃は、丁寧語でお話していました☺️)


私はとてもホッとして、全体重を預けました。

ずっとこうして欲しかったんだな。

温かくて、なんて幸せなんだろう…



幸せ〜



しあ…わ……ん?



…!




…硬いものが〜😅💧




思わず目が合い、



カズ「笑笑  それはしょうがない。それは許して。それはしょうがないですよ🤣」



ふたりで照れ笑い。



カズ「…触って?」



拒否をしない私を確認すると、

カズさんはベルトを外して、カズちゃん( カズさんのJr.の隠語 )を解放しました…。