ティアラのブログ

バツイチ独身ひと回り年下の彼との不倫。6年目になりました。

ボディメーク

ただの自慢に聞こえて不快でしたら、本当に申し訳ありません🙇‍♀️💦


ブログなので、実際は大した事ないんだろ位に思って下さい。


もしかしたら、超絶不細工かもしれませんし🤣




ୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃୡঃ






私は、二の腕〜背中〜ウエストにかけて、贅肉がほぼありません。

よく、全体のバランスがとても良いと言われます。


ダイエットはしません。

40を過ぎたら、痩せると老けてみえるので。



体幹トレーニングの継続と、

大好きなダンスの成果だと思います。


それから、自分の体型の欠点をカバーして、美点を強調する服を選びます。

私がスタイルが良いと言われる理由はこちらの方が大きいと思います。




そして、主人のお蔭でもあります。


教育費で家計がキツくても、もっと働けとは決して言わず、ジム通いを何も言いません。

稼ぐのは男の役目と思うタイプです。

(↑冷酷な上にもっと稼げ等と言われたら完全に離婚でした 怒💢)


だから、申し訳ないので私も妥協はしません。






私はジムで、「どうしてそんなにスタイルが良いの?何をしているの?」と時々聞かれるので、説明をする事があります。


そして、その方に合うと思われるトレーニングを数個プログラムするのですが、

これを3ヶ月以上続けられる方は、1割弱位でしょうか。



でも、この1割弱の方は、半年〜1年後には目に見て分かる体型の変化があります。



先日、その様な方の変化に驚き、小さな積み重ねの効果の大きさに感動(←大袈裟では無く笑) したので、記事にしたくなりました。



ただただ、地道に数個の事を続けてさえいれば、ボディメークは意外と簡単なのにと、再認識しました。




今すぐ出来るお勧めは、肛門を締める事(← 真剣 )


解剖学的な事は割愛しますが、

肛門を締めると、お尻が締まり、腹筋が入り、骨盤が立ち、歪み矯正にも繋がります。




そして、意識への呼びかけとして、


「肛門をだらっと緩めていると、そこから幸せが逃げる!!」と、言い聞かせると、

意外と、「あ!締めなきゃ!」と思ったりします。


…私だけかな 笑




直ぐスタート出来ますので、是非スパンを長く捉えて試してみて下さい。


筋力が無い方は、肛門を締め切る感覚自体が分からないと思いますが、

徐々に分かる様になります。


お尻ではなく、肛門です!( ←真剣)


女性の尿漏れにも効果絶大です。


私は、膀胱が満タンの状態で縄跳びをしても、漏れません 🤣✨






カズさんのお子様方への心情

2年ほど前、カズさんとファミレスでランチをしていた時のことです。


隣のテーブルに、赤ちゃん連れのご家族がいらっしゃいました。とても賑やかでした。


カズさんは、そのテーブルをジーッと眺めていました。


そして、独り言の様に



カズ「僕、◯◯( ←下のお子様の名前) が、あれ位の年の頃の記憶が無いんだよね…。仕事ばかりでさ。赤ちゃんもう一度育てたいなー。」




…私には、色々な意味で、

返す言葉が見つからないといいますか、

難しかったです。



私には産んであげられない事と、



もうひとつは、

ワンオペ育児の奥様のご苦労を、自分と重ねてしまったからです。



この時、私はカズさんに、

余り優しい言葉を掛けられなかった様な気がします。





だから、今、カズさんには、

私とお終いになる要因のひとつになったとしても、お子様に十分接してあげて欲しいと思うのです。

お金も時間もたっぷりと。




…ただ、教育方針が正反対の元奥様とのことがストレスの様ですが、

普段の生活を支えていらっしゃるのは元奥様ですし、

模索しながらでも協力をして、

お子様方に、最善の選択を指南してあげられると良いなと思います。





…そう望める自分でありたいです。


カズさんとお子様方

昨日、主人から衝撃報告がありました。


「そういえば昨日さ、◯◯(←子供の名前)が、お父さん良いなーって言うんだよ。

何で?って聞いたらさー。

私もお母さんと結婚したかったなーだって! 

やばいよね?◯◯はどっから生まれるんだよって話でさ〜 🤣🤣🤣🤣🤣」



…😅



息子ではなく、娘です。

それも高3です…😆💧




*+:•*∴”:♡.•♬✧*+:•*∴”:♡.•♬✧*+:•*∴”:♡.•♬✧





カズさんは、昨年あたりから、お子様の教育にとても熱心に携わってきました。




高額な教育費を捻出し、


習い事の送迎の為、元奥様の実家に通い、


情報を時間を掛けて集めて、




本当に頑張っています。




そして、少しずつですが、カズさんは、私との時間がとれなくなり、デートの費用も勿体無いと感じる素振りをするようになっていきました。



昨年は、1ヶ月に1度やっと会うような感じでした。


年末は3回、外デートをしましたが、何となくしっくりきませんでした…。





私は、カズさんには、後悔のないように、子供の教育に集中してほしいと思っています。





でも、そう思う気持ちと、


何かがズレてきている事に、


お互いが、もう、気が付いています。